2018年3月11日日曜日

ひょーばくへ

ひさしぶりのDAYOFF!

でも例の氷瀑もここ一週間くらい足を運んでいないし

様子を見に行くことにしました。(結局仕事か!)

でも今回はあいぼー付き。

たまたまボウズと休みが会ったので連れていくことに。

ふだんから彼は”氷瀑”という言葉をよく耳にしているせいか

よく”ひょーばく”と口にする。

きっと”ひょーばく”という言葉を発する五歳児は世に稀だろう。

ということで親子DEひょーばくへGO!



















昨日の雨から打って変わってすきり晴れた!

寒気が入って霧氷の森へと早変わり。

ボウズも思わず”きれー!”とうなる。

道中多少疲れは見せたものの良く歩いた。


男の子は”道具”が好き。

「これを持つと無敵になれる」とストックを授ける。

どうやらこれが気に入ったらしく終始なにかと戦いながら進んでいた。

そしてほどなくひょーばくへ。

大人の感動するようすとは違う、何か息をのむような、整理するような

そんな静かな驚きをしていた(ように親からは見えた)

でも空腹には勝てず早々に昼食。



冬の森でカップ麺を食べる、そのうまさに気が付いた五歳児。

そう何事も論より証拠、百聞は一見に如かず。

この子がいったいどんな風に今日の体験を心に刻んでくれたのか、

それは随分後になってわかることなのかもしれない。

けれど悪い体験ではないだろう。

僕にできることはきっかけを作ること。

我が子にもお客様にもそれは同じ。

なんにせよ、下見とはいえ

久しぶりにゆっくり親子みずいらずできて満足。

さて、明日からもがんばるぞ~!!

2018年3月7日水曜日

満開の白華

今年の冬はよく冷えた!2週間前までよく口にしてたセリフ。

とある気象予報士によるとこれだけ寒い日が続くのは三十数年ぶりの寒さだとか。

でも3月に入ってから、いや、2月の最終週辺りからなんだか急激に暖かくなった。

それまで日中マイナスが当たり前の濁河もプラスになる日が多くなり

しまいには雨が降る始末。しかも大雨。

冬なのに雨量規制で通行止めとかありえない事態も発生。

まさに、唐突に冬は終わりを告げ猛ダッシュで、いやむしろ、

ヘッドスライディング張りに春がものすごい勢いで滑り込んできた。

そんな感じです。

でもね、冬と春のこの中途半端な時期にこそ

素晴らしい瞬間がやってきたりするのです。

今回たまたますごーく偶然に良いタイミングで登った位山。

大雨のあと、そんなに強い寒気ではなかったけれど冷えた模様。

北西風の強く吹く尾根では霧氷が枝葉を覆いまるで白い花を咲かせたような光景。

午後になって天気が回復し、そのタイミングで山頂に出た。

そこにはおとぎ話の世界のようなメルヘンチックな光景が!

辺り一面真っ白。風もない音もない空間に

絵画のような白い花を咲かせた木々。

青空の向こうにはこれまた純白の白山。

この光景、涙が出そうです。

登山前に水無神社に参拝したのがよかったのだろうか

なんとも粋な神様の仕業か。

僕はまた一段と飛騨の魅力のとりこになってしまった。

小坂に限らず飛騨の自然には相変わらず感動させられます。

この地に根を下ろし暮らすものには空気のような存在で

意識をして近づいて、触れてみなければ気付かないその美しさ。

住んでいる人にこそ知ってほしい。

この素晴らしい習慣を。

訪れる人には少しだけ見せたい、でも何度も違う瞬間を見せたい。

僕たちの誇るこの飛騨の自然を。

そう思いました。






2018年3月4日日曜日

氷瀑探訪


 最近ではお陰様で冬のガイドも回数が増え

2月はほとんど滝の案内に明け暮れた。

倉ケ谷の氷瀑は多くの人に感動を与え、

何度も足を運んでいる僕らガイドでさえ

毎度毎度感動させられた。

でもやっぱりココロのどこかでまだ見ぬ氷瀑に出会いたい、

あの滝の冬の姿を見ていたいという欲求にかられていた。

やっぱり僕は御嶽山とそこに流落ちる滝が好きだ。

だからできるだけたくさんの表情を見たいとも思う。

しかも自分自身の足で現地に赴き自分自身の目で見たい。

この冬は忙しすぎてなかなか時間をかけられなかったけど

少しづつ、ちょっとづつ自分の引き出しを増やすためにてくてく歩く。

新たな感動の瞬間を求めて。

それを自分のものだけにしない、

感動を共有することにガイドとしての意義がある。

現場でしか体験できないからそこに連れていく方法を考える。

それが楽しみ。

これからも探訪は続くんだな~。一生探訪。です。




2018年2月22日木曜日

冬の御嶽山

随分と間延びしてしまいました。

久しぶりに書いたこのブログ。

おっ師匠さんからの一言がきっかけでした。

「熊崎さん、山へよく行くでしょう、記録を毎日つけなさったほうがいいよ。ぼくはね、山に通っとるころは一日の行程図や行動の記録を大学ノートの1ページを使って記録してきたんですよ。その他日常のことは大学ノートの1行に一日行、ひとこと書いているんですよ。」

と、御年74の仙人が僕に教えてくれました。

マスターの教えに触れ、僕もちゃんと備忘録を残そう、決して誇るわけもなく

ただ日常を書き綴る日記のように、僕の足跡を記録に残して行こうと決心しました。

今までの備忘録に引き続き、熊の山旅を大なり小なり記録していきます。




H30年2月 飛騨御嶽山(継子岳)




連日の氷瀑ツアーの疲れなどどこ吹く風。

山が呼んでいる以上行かないわけにはいかない。

今回はやっさん、へいちゃんと3人で厳冬期御嶽山での雪訓となりました。

AM9:30、いつものVCに集合。ただ今日は仕事ではなくプライベート。

なんじゃかんじゃと準備に”てこずり”出発したのは10時過ぎ。

今回一番の”核心”ともいえる静岡育ちのヘイちゃん運転。

登山口までの道のりは辛くも無事に完結。

やっと平和な登山ができると早くも胸をなでおろす。

今日はせいぜい8合目までと決め込み行動なので12時スタートでも気持ちは楽。

遅くとも16時にはテントで宴会。そんな目測をたてていたが甘かった。

湯の花峠手前までは埋もれているもののトレースもしっかり歩きやすい。

しかしその先草木谷からの吹上でトレースは完全消失。

その後も雪は少ないものの中途半端なモナカ状。

一歩が沈む苦しい登りが4時間半!

日も暮れ体力も尽き果てそうなので8合目を待たず

適当なところで寝転がりたい欲求を抑え

なんとか8合目お助け水付近まで到達。

そそくさとテン場を整地しテントを張る。幸い風は弱い。

とはいえ標高2400m、日没まぢかになり一気に気温が下がる。

冬の山の夜は寒い。さっそくテントイン。

シュラフに足を突っ込みバーナーに火をつければそこは快適空間。

コッヘルに雪をぶっこみ水をひたすら作る作業から始まり、

夕飯のやっさん特性ラーメン調理まで絶えず火を使うのでテント内はホカホカ。



調理中も睡魔に襲われながらも食欲には耐えかねず

ボーっとしながら出来上がりを待つ。

出来上がったラーメンのうまいこと!

やっぱ冬は煮込みラーメン(ひき肉入り)がサイコーだね。

※やっさんの手料理は山でも里でもお世辞抜きにウマイ!!!

飯を食ったらそっこー就寝。

そう、余分なエネルギーは使わないほうが良い。

ちなみにテント内の気温は地面付近でマイナス8度。

比較的暖かい。(むろん日常生活ではありえんけど)

時刻は20時を回る。翌朝は6時行動開始。

山の生活の中ではこれでも”遅寝遅起”。

風もおとなしく快適な夜。

でも家の布団で寝るようにはいかなかったことは言うまでもない。

あくる日、目覚めて身支度を整える。

ぬくもりの残るシュラフから這い出てオーバーズボンを一気に穿く!

気合のいる瞬間だ。

あとは迅速に朝食を済ませテントと不要な荷物はデポって稜線を目指す。

ツボ足×アイゼンで30cm沈。

決して楽ではないが森林限界まで行けば楽。

途中振り返ると白山はじめ西面は晴れ渡り高山盆地は雲海におおわれていた。



この時間帯だけにみられる絶景に感動しながら目の前の”課題”に向かう。

今年の着雪は”にすく”(飛騨弁であまい、ちゅうとはんぱなどを意味する)

ハイマツは埋まりきらず踏み抜くことも多々あり。

2時間かけてようやく稜線。

昨日の行程も含めると実に6時間半。実に過去最長。



深雪ラッセル×カチカチバーンを想定しての厳冬期御嶽

結果はモナカ×ズボズボでちとしんどい登山でした。

稜線にあがったあとも雪の少なさにびっくり。

吹き溜まりにはしっかり積もっているけど斜面の着雪はイマイチ。

ここから増えるのかな~。

正午を過ぎ西風も時折体をゆする強さになってきた。

軽い昼食を済ませ下山。

テントを回収し登山口に降り立つ。

帰りの核心、へいちゃんのドライビング・ダウンヒルも卒なくこなし

無事に全行程終了。

ツアーシーズンまっただ中での御嶽山。

無理やり作ったオフ。今回も貴重な体験だった。

やはり魂はここにある。

御嶽山、こころのやま。

冬にもう一度こよう。

また違う表情に出会うために。










2017年10月3日火曜日

【備忘録】木曽駒ケ岳・大田切川中御所谷

2年前の秋。甲斐駒ケ岳の秀渓・尾白川黄連谷右俣の遡行以来ある種”挑戦的”な遡行から距離を置いていた。この秋の山旅は、今までの視野を広げる観点とはまた別に経験を積むうえで重要な意味を持つ沢旅となった。その軌跡を備忘録として書き残しておこう。



このごろガイドの先輩方から自分の山をもっとやれとの言葉を頂く、そしてクライマーであれとの言葉も頂く。ここでいうクライマーは単に登山者ではなく岩登りを意味する。個人的にはあまり岩登りに関心はない。でも仕事、ガイドとしての厚みを増す上でも避けては通れない道、それが自分の中で”登攀”だった。

今回はあえてその登攀を多用する渓をチョイス。秋を目前に夏の終わりごろにOVCメンバーに提案。ちょっと挑戦的すぎるかなと二の足を踏みそうになったところチームメイトから二つ返事で中御所行きが決定した。ろくな準備や計画もできないままバタバタと時間は過ぎあっという間に本番当日を迎える。大丈夫かな~不安はぬぐいきれなかった。

紅葉シーズン真っただ中の千畳敷カール擁する木曽駒ケ岳。ハイカーや一般観光客で菅ノ台駐車場は早朝からごった返す。喧騒を避けひとつ前のバス停から裏ワザで楽々乗車ししらび平へ一番乗り。日が良いだけに複数パーティーが押し寄せる可能性もあるからということもあり支度も早々に日暮の滝へ足を進める。


日暮の滝までは一般ハイカーでも気軽に立ち寄れる遊歩道付き。楽々アプローチで滝下に取り付ける。ここでジャラ類を装着し沢支度。日暮の滝は遠望で2段滝というのが見て取れた。近づいてみると最初の1段目は予想以上に大きい。早速ルーファイしていると右壁のカンテに残置視点(ハーケン)が2か所確認できた。取り合えず言い出しっぺの僕がリードで登ることに。ロープをハーネスに結び付けるといよいよ本番。気が引き締まる。



日暮の滝一段目(15m)の登攀は右壁のルンゼを詰めたくなるが取りついて見ると適当なホールドスタンスが無く意外と難しい。一旦上るもムリ!と退散。結局基部からカンテを登る事に。序盤は問題ないものの滝上部で確実な支点が取れずランナウト。滝身に近づき濡れたスタンスに決まりきらない足が妙に怖く一手が本当に苦しかった。辛くも滝上に乗りあがってホッと一息。流木に支点を求めて後続を確保。なんとか3人とも無事に滝上に立つことが出来た。朝イチからがっつり登攀を強いられ早くも中御所の洗礼を受ける。振り返ってみてもこの登攀がなんだかんだで一番堪えたと皆口をそろえる。2段目(8m)はヤマピは右巻き。僕と貝山さんは右壁を直登。ここでもロープを出した。


息つく間もなくお次はCS7m滝。ここまで3段と言っても過言でもないほど短距離に滝が連続している。この滝は巻こうにも大巻で危険な感じ。Webの記録によくある右壁のルンゼ状を登る事に。ただこの登攀が日暮の登攀以上にヤラシイ!ランニング取ろうにも確実な支点は無く墜落しても支えられないであろう灌木に取るしかなく精神的に厳しい登攀を強いられる。上部は木登りの垂直藪漕ぎという始末。落ちないのが奇跡なくらい不確実な足場手がかりばかりでやつれた(泣)この3連瀑の登攀に1時間半かかった。もう往復びんた三発食らった気分です・・・。時より頭上を通り過ぎるロープウェイになんといも言えぬ違和感を感じながらまだ見ぬ源頭に思いを馳せ谷底でもがき、活路を見出す。



続くゴルジュ滝(2段10m)+宝剣滝(ナメ滝4段で60mくらいか?)は直登可能。ただ途中の20m滝だけは上部が滑って悪そうだったので左巻きで越えた。思い返せばこのあたりが唯一落ち着ける場所だったのかもしれない。ここから40m大滝までは常に緊張の登攀。
何度ロープを出したかわからないくらいロープを多用した。終盤の3段10m滝は枝沢を利用し滝上に活路を見出すも途中1歩がいやらしく先に進めない。ここはリードを登攀番長貝山氏に託し辛くも突破。あとは滝頭に向けて草付をトラバース念のため懸垂+後続はFixでトラバース。この谷最後の登攀もなんとか無事に終える事が出来た。



ラスボス?40m大滝は無理せず右岸の枝沢を詰め適当なところで巻くと大して危ないところはなく比較的小さく巻き上がれた。この谷の核心はここまで。滝上に出ると眼前に多段80m、ただ威圧的では無く空は明るく開け青空に映える白い花崗岩の稜線が見えている。南アルプスの山並みと麓に広がる駒ケ根の街並みを眺めながら昼食タイム。この絶景と達成感で格別のランチと相成った。


残りは難しいところは特になくおおむね水線を源頭まで抜ける事が出来た。ただ昼食をとったポイントから源頭まではそこそこ距離があり体力勝負。ひーひー言いながら詰め上がった千畳敷カールは紅葉真っ盛り。遊歩道に躍り出るとそこには親子連れが。驚いた表情で子供がこちらを見ていたので怪しいものではありませんと親御さんに断り記念撮影をお願いした。千畳敷はやはり人でごった返していた。ロープウェイは2時間待ち。でも歩いて下山しなくていいなら2時間くらいの待ちなんてなんのその。時間に余裕があったので体は重いが極楽平まで散歩。しっかり稜線の向こう側に広がる山並みや御嶽山の雄姿も拝むことが出来た。

ロープウェイに乗り込み下山。車窓から登ってきた中御所谷を振り返り、よーこんなとこ登ってきたわ~と我ながら感心。登り7時間、下り7分の遡行は他の山域には類を見ない行程だろう。今回の遡行そのものは短くも辛い登攀の沢だった。ロープウェイが見え隠れし秘境感は薄いものの精神力と登攀力を鍛えられたそんな遡行となった。チームワークで乗り越えた今回の登攀沢。まだまだ未熟な僕らのステップアップのひとつとしてとても勉強になった今秋の沢旅でした。翌日からは小坂でガイド。やっぱり小坂の沢は良い!これもやぱり今回の沢タビが良いエッセンスになったからこそ。



日本は広い、人生は短い。まだまだいくぞー!








秋の山旅へ

1年で1回だけ自分のための”休み”を頂いている。小坂の渓に常に身を置き続けると“鈍る”その感覚を磨き直し、今の自分の立ち位置を見つめ直す意味でも重要な時間。家族や仲間に無理を言って頂く”視野を広げる旅”へ今年も行ってきました。

今年は相方の都合もあって2部構成。今年は東奔西走よろしく伊那と駒ケ根を西に東に走り抜けたそんな山旅でした。

小仙丈ケ岳よりカールを望む


今年から五ノ池の市川氏が経営を手がけた馬の背ヒュッテ。女将のしのぶさんが切り盛りし、ガイド仲間なのゆたかさんも働くその小屋に一度は行ってみたいな~。そんな想いがずーっとあって今回の山旅、まずは馬の背に行こう!というわけで行ってみました。

イマイチまだまだトモダチになりきれない、新しく買い換えたキャラバンの渓流シューズを足慣らしのために履いての登山。
朝イチ(6時)のバスで北沢峠→ピーク→馬の背ヒュッテ→丹渓新道→歌宿(12時)のファストハイキング。
履きなれない&登山に向かない渓流シューズのおかげで3日間靴づれに悩まされる結果となりました(苦笑)

それはどうでもいいにして初めての仙丈ケ岳。とてもいい山でほれぼれしました。さすが南アルプスの女王。東西にカールをもつ独特の山容は雄大で優しく秋晴れの空にどこまでも続く山並みを見渡せとても気持ちのいい場所。

馬の背ヒュッテもかわいらしく、小屋ののみなさんも(しのぶさん、そのこさん、やぎちゃん、ドリーさん)みなさん和気あいあいとした雰囲気でいい感じの雰囲気。来年時間があればぜひ滞在したい小屋になった。

下山し駒ケ根に潜伏しているに朋友・貝山氏のアジトに寄せてもらい久しぶりにサシで酒盛り。翌日の作戦会議や人生について語りあいとっても有意義?な夜を過ごす。貝山夫妻の愛息子・伊澄のおもてなしにも癒されたな~。

夜も更けそろそろ寝ようかなというタイミングで遅れてきたヤマピも参戦。ふたたび呑み直し。

今山旅はチームとしても初めてのガチ登攀系の沢。不安と期待を募らせ眠りについた。




2017年9月9日土曜日

Mountain Guide

すっかり秋らしくなった今日この頃、やっぱり涼しくなると登山がしたくなりますね。

先日に引き続きまたクマは小坂の瀧から北アルプスに出張でした。

本日はHIDAIIYO松場氏の紹介でGuestをMt.Yakedakeにご案内。

今回は高山駅からバスで焼岳を往復するという初めての試み。

ガスって頂上からの眺望は楽しめなかったけど上高地から中の湯に抜ける変化に富んだルート、中の湯からの下りでサルのファミリーが身近で観察できたことなどGuestも満足して頂けた様子。初めての試みはまずまずかな~。

今回ビックリしたことが沢山。

まず調べてみてビック、高山から公共交通機関利用して登れるのね。

そして行ってビックリ。朝イチのバスはほぼ海外のゲスト。

しかもそのほとんどが帝国ホテル前で下車。つまり焼岳登山!?

答えは頂上で分かりました。

そう、そのほとんどが焼岳に登ってたんです。

ここは海外か?と錯覚するほど。

先日の槍穂の時にはそこまで感じなかったけどここは多いわ~(汗)

そんな現状に加え僕もGuestも目を丸めたのが登山者の格好。

スニーカーならまだまし、中にはサンダル(とはいえキーンの半分靴)まで。

ジーンズは当たりまえ、バックパックはウルトラライト、いやむしろ無い方も。

何人かに挨拶がてら尋ねてみると「ハイキングを楽しみに来た」「人生はじめてのハイキングなの!」という回答が。

「登山」ではなく「ハイキング」なのね。

しかしこの現状危険だ。きっといつか遭難事故起きるな。

ただ反面、もしかしたらチャンスかもしれないとも思う。

これだけ多くの海外のゲストが高山泊で日帰りの「ハイキング」を楽しみたいと思っている。

そんな市場があるんだ。であれば情報展開次第ではやはり小坂の瀧もフィーバーするかも。

ただ彼らのハイキングは気軽であることに違いはないが求めるスリルやハードさは日本人のそれとは若干スケールが違うかも。

良い勉強になりました。

さぁまだまだシャワクラシーズンは終わらない。

まずはまだまだ滝。楽しんでいこま~い。